プレスクールや英語は東京で学ぼう【スムーズ入学で苦労知らず】

Education

才能を伸ばす

幼児教室を選ぶときに気をつけたいこととは

幼児教育を積極的に行なう親御さんが増えていますが個人で伸ばす場所が違ってきます。たとえば、男の子ならサッカーやラグビーなどのスポーツ系や剣道などの武道系の習い事を親が選ぶことが多いです。 また、女の子であれば、ピアノやバレエなどの芸術系の習い事をさせたいと思う 親御さんが多いのです。 しかし、男の子であってもピアノやバレエが好きだったり、女の子であってもサッカーなどのスポーツが好きな子供もいます。ですから、親が決めた習い事を押しつけるのはよくありません。子供が好きなことを習わせてあげるのが、もっとも子供のもつ才能を伸ばせるということを覚えておきましょう。

ダンスや音楽、絵画などの習い事もいい

幼児教室を活用するなら、リズム感を高めるダンスなどをさせるのもいいですね。また、音楽や絵画などの幼児教室も、感受性を高めることができるのです。たとえば、音楽の「絶対音感」は、4歳までの間に習得するのがよいとされています。実は、6歳を過ぎると訓練を受けても絶対音感は身に付かないのです。 幼い頃からリズムを取りながら体を動かすことができれば、大きくなってもリズムを取るのが得意になります。音楽やダンス、絵画などを習わせるなら、子供の感性にあったものを選ぶのが大切です。その子が喜んで習いに行くようでなければ意味がありません。幼児教室で芸術分野の才能を身につけるというよりも、楽しく遊べるような感じでリズム感をつけられるようにさせましょう。